2013年09月07日

クルマを手放すと言う選択

まだ検討段階ですが、近い将来クルマを手放そうと思っています。

クルマ


私にとってクルマの役割は、
・乗る・いじると言った趣味としての対象
・生活のための道具(移動・運搬手段)
・所有欲を満たすモノ
の大きく三つでした。
しかし、歳とともに車いじりの情熱は失せ、運転の楽しみよりも混雑や暑さ寒さに対するストレスの方が勝るようになってきました。
また、道具としての役割もスクーターで賄えているような状況。実は、7月下旬より一度も車を動かしていませんが、それでも全く困らなかったと言うのが現実です。
こうなってくると、所有欲を満たすという役割しか果たせていません。

もちろん経済的な問題もあります。
ご存じでない方もおられるかもしれませんが、ちょっと前から一人暮らしをしています。
当然一人での移動・利用が大半な訳で、使用頻度や維持費・費用対効果を鑑みると不経済きわまりないのが実情。
(以前、保有コストの試算を行ったことがあるのですが、それによると年間のコストはガス代抜きで約22万円。当時と状況は異なるものの、だいたい同じくらいです。結構バカになりません。)
まして安月給かつ今後の収入の増加も見込めない以上、生活して行く上で何かを切り捨てる必要があり、その上位候補がクルマなのかなと思っています。

理想はバイク二台体制(足代わりの原付とそれなりに大きいマニュアル車)とし、車は必要なときに借りるという生活。
幸いなことに、仙台でも徐々にカーシェアリングが広まってきました。徒歩圏にはレンタカーの営業所もあります。24時間とは行きませんが、車を借りる自由度は割と高い環境です。
ただバイク二台所有と言うのは、任意保険や車検費用も考慮すると案外高コストになりそうなのが気になっています。こちらは全然試算していないので・・・。また、カーシェアの費用も気になるところです。


...と、色々考えてはいるものの、向こう5年を意識して足回りのメンテナンスをしたばかりという現実もあります。
それにバイクは冬になると乗らなくなりますからね。これから季節が変わるに従って、考えも変わるかもしれません。
なので性急に結論づけるつもりはありませんが、やはり5年以内が目途かなと思っています。
何より、唯一残った目的の「所有欲」と言うキーワードと、24時間いつでも使える安心感をあきらめられるのか・・・。自問自答は続きそうです。
posted by ほり at 21:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・戯れ言 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます、衝撃な事柄ではありますが理解できます。

私もこっちへ来て以来車に乗らなくなりました、持ってきてないから当たり前と言えば当たり前なのですが。

当初は手放すことも考えたのですがイジリあげて愛着があるのと運良く自宅の駐車場(屋根付きシャッター付き)が使えることになったので置いて旅立つことにしたんです。ただ、ほりさんと同じように乗らなくても掛かるお金には頭を痛めています、去年車検を受けたばかりなので売らずにいますが来年の車検をどうするか、ここは決めていません。

代わりの車と言ってもこんな車がまた見つかる訳ではないし、そもそも買って乗るかと言われると難しいと思います。今考えているのは車検を受けず一度プレートを外して、乗る時に改めて車検受けようかなと。まあ、そんなに簡単にはいかないと思いますが…。

それに10年経ったので乗るなら改めてメンテしないといけない、それをしても乗るだけの価値がルポにはあると思ってるんですが。私もほりさんと同じような悩みで自問自答しないといけないのですね。
Posted by かじら at 2013年09月09日 23:10
かじらさん、コメントありがとうございます。
私もこれまで乗った車は、場所さえあれば保管しておきたいと思いつつ手放しました。
維持という意味では負担でしょうけど、どうしても売ってお金にしたいという理由でも無い限り、場所があればナンバー切ってでも保管した方が良いと思います。
売って後悔するくらいなら、売らずに後悔しましょう。あとで同じものを手に入れるのはまず無理ですから。
Posted by ほり at 2013年09月09日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。